おススメの中古車販売店
 

移動販売車を利用した移動図書館

読書が好きな人にとって、買わないでも読める図書館の存在はありがたいものです。

新しい本には弱いものの、昔からある名著は星の数ほどあるので、それらを読んでいれば満足出来るでしょう。

子供の頃から日常的に図書館を利用している子は、大きくなっても利用し続けると言われています。

しかし気楽に行ける場所に図書館がない土地というのもあります。

地方に行くと繁華街自体が数えるほどしかなく、行く為に自動車を使わなければいけないという環境も多いのです。

そういったところに住んでいる子供は図書館とは馴染みがなくなっています。

ただ、それをビジネスチャンスと捉える事も出来ます。

図書館は持って行けないものという考え方がありますが、規模を小さくすれば可能なのです。

トラック一杯に本を入れて移動図書館にして、定期的に同じ場所を訪れればそれは可能になります

移動図書館はそれほど珍しいものではなく、地方であればそれなりに利用されています。

これらは移動販売車を利用して作られており、メーカーではシブヤがおすすめです。

クレープやホットドッグなどを販売するあの移動販売車を図書館に改造すれば、あとはシステムを自分で作って簡単に図書館を運営する事が出来るのです。

同じ時間に同じ場所に行く様にすれば貸し借りも安心して行えますし、しっかりと登録してもらえば紛失なども少なく抑えられます。

内容に関しては色々とその住人に合わせたものが必要になるかもしれませんが、その選別も面白いものです。